解析システムを駆使する

状況の数値化

子供の頃に受ける初めてのテストは、大体の人が小学生に上がった辺りで経験します。
小学校の六年の間に受けたテストの結果を事細かに覚えている人はいるでしょうか。
その後中学校に入学し、多くの人が最初に待ち受ける人生の難関は高校受験です。
高校受験も高校の定期考査もその後の大学受験でも、身につけた教養の実力を試すときには必ず点数と言う数値によって結果が示されます。

物事の良し悪しは数字などでは測れないと考える人もいます。
ある側面から見た場合にそれはとても的確な考え方ですが、しかし世の中で生きるにあたって数字と言うものほど嘘のない結果はありません。

たとえどれだけの実力を持っていようとも、目に見ただけでその能力を確実に表現することは主観的にも客観的にもできません。
彼は良くできる、彼はあまり出来が良くないという感情を含めた曖昧な評価よりも、一から百までと決めた数字の中でどれだけの能力を発揮できるのかを端的に示した方が誰の目から見ても分かり易いのです。

人物に対しての評価も、物の価値も、それらの全ては数字で示されます。
そしてそれと同じように、サイトの良い悪いも数字で示されていれば客観的な評価が一瞬で確認できるのです。
サイトが今まさにどのような状態にあるかは画面を見ているだけではわかりません。
しかし数字と言う誰の目にも等しく映る結果があれば、そこから得られる共有の情報を元に評価や対策が可能となるのです。

この数値を示すためにもアクセス解析は必須となります。
アクセス解析からホームページを的確に評価し、改善点を見出していくと良いのではないでしょうか。