解析システムを駆使する

目的の達成を測る

ホームページを作るからにはそれなりの理由や目的があるのが当然です。
作る意味が元からないのであれば、面倒な作業を好んでする人はどこにもいません。

インターネットで集客を得る事は会社の業績を上げる事へと繋がっていきます。
販売している商品を売るためであったり、資料請求を募ったり会員登録を促したりと、それぞれの目的に合わせてホームページを公開しているはずです。

仮に通販サイトなどを運営している人がいるとすれば、その人にとっての最終的な目的はもちろん商品を購入してもらう事です。
ホームページを公開し、訪問してくれた人にネット上で商品を勧め、その商品を購入してもらって初めてサイトには価値が生まれます。
まずはホームページに来てもらう人がいなければそもそも何も始まりませんが、来てもらった次に商品購入へと導けなければ成功とは言えないのです。

このような最終目的が明確にあった上でホームページを作成運営している人であれば、一度くらいはコンバージョンと言うものを耳にしたことがあるはずです。
無料の解析ツールであれば、たとえばエーステクノロジーのアクセス解析があります。
このコンバージョンの解析結果によって、作ったサイトがどれだけ目的を達成しているかを確認してみる必要があるでしょう。

訪問数の割に商品購入という行為が結びついていなければ、サイトのどこかに問題があるはずです。
閲覧数自体を上げるか、誘導の仕方を変えてみるか、一から考え直す必要が出てくるでしょう。

作ったからにはサイトを無駄にするのはもったいないです。
成果をあげるためのより良いページを目指して、改善点を探らなければなりません。